LEDスタンド「風雅の灯り」

LEDスタンド「風雅の灯り」の特長


日本の伝統工芸品である佐賀県有田焼陶磁器製のインテリアスタンドです。
特殊な技術で焼いた陶磁器に熟練した職人が 染付を施し、LEDの光が優雅で美しいシルエットを創り出します。

本体の陶磁器は「彫刻吹花」と「染付竹葉」の2種類、LEDの色合いは白色と電球色をお選びいただけます。




省エネ
高輝度電球色LEDを使用し、従来の白熱電球40W相当の明るさ。
一般白熱電球に比べ約5分の1の低消費電力。
ランプ寿命は約40,000時間(一般白熱電球の約40倍、蛍光灯の約5倍)



安全
従来の白熱灯器具にくらべ、発熱が少なくなっています。


調光
0%~100%の滑らかな調光機能付きなので、自分の必要に応じたあかりの演出が可能。

「彫刻吹花」「染付竹葉」

 「彫刻吹花」
KSL-101
 「染付竹葉」
KSL-102

KSL-101N 白色
調光器付(黒)
 メーカー希望価格25,000円(税別)
 KSL-101L 電球色
調光器付(黒)
メーカー希望価格25,000円(税別)
 KSL-102N 白色
調光器付(黒)
メーカー希望価格
25,000円(税別)
 
 KSL-102L 電球色
調光器付(黒)
メーカー希望価格
25,000円
(税別)

商品写真


 
 電球色で温かい灯り  明るさ調節つまみ
 熟練職人による伝統の染付  

仕様


サイズ


消費電力…最大7W

電源電圧…DC24V(専用ACアダプタ接続)

調光器付

発光色…電球色L、白色N


本体ACアダプター接続図

専用ACアダプタ接続
ACアダプター接続図


LED部

専用設計のLED基板と調光器を使用し、チラツキのない滑らかな
明るさ調節が可能です。




※強い光が出ていますので直視しないで下さい

有田焼


佐賀県有田町を中心に焼かれる磁器。約
400年前、豊臣秀吉の朝鮮の役で鍋島藩主鍋島直茂に伴われて来た陶工李参平(り さんぺい)が、有田泉山で磁器の原料である陶石を発見したことに始まる。

1977年(昭和52年)に、経済産業大臣指定伝統工芸品に指定された

ご購入はこちらから


新日本照明オンラインショップ
 「彫刻吹花」 KSL-101  「染付竹葉」 KSL-102

ダウンロード


製品カタログ 「デスクスタンド、フロアスタンド照明」        ▶  


ファイルが開けない方はこちらでAdobe Readerのダウンロードをしてください。
 

サイトマップ